スケートアメリカ第2日、ペアのフリーで演技する三浦璃来(上)木原龍一組=23日、ラスベガス(ゲッティ=共同)

 スケートアメリカ女子ショートプログラムで演技する坂本花織=23日、ラスベガス(AP=共同)

 スケートアメリカ女子ショートプログラムで首位に立ったアレクサンドラ・トルソワ=23日、ラスベガス(ゲッティ=共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日は23日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、男子はショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨がフリー3位となり、合計270・68点で2位となった。

 ビンセント・ゾウ(米国)がSP、フリーともに1位の合計295・56点でGP初優勝。佐藤駿は247・05点で4位。

 ペアは三浦璃来、木原龍一組がSPに続きフリーも3位になり合計208・20点で2位に入った。

 女子SPは坂本花織が71・16点で4位、宮原知子が66・36点で8位、横井ゆは菜が54・77点で12位。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加