流産を防ぐために体外受精した受精卵の染色体に異常がないかどうかを調べる「着床前検査」を巡り、日本産科婦人科学会は23日、検査を受けられる患者や施設の基準を来年初めにも策定し、一般のクリニックでの実施を容認する方針を表明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加