乗客106人が死亡した2005年の尼崎JR脱線事故で、JR西日本が、持ち主が分からない約1100点の遺留品を、24年秋までを目標に新たに整備する施設で保管し続ける方針を決めたことが23日、関係者への…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加