特産品の伊万里ナシの収量を増やそうと、佐賀県果樹試験場(小城市)が、台木部分を変えて新たな苗木づくりに取り組んでいる。近年、伊万里ナシは温暖化の影響などで樹勢が衰え、収穫量も伸び悩んでいるためだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加