ローマ教皇への贈呈品を入れた僊窠を運ぶ市職員=嬉野市嬉野町不動山の大茶樹近く

 ローマ教皇に特産のうれしの茶と肥前吉田焼を贈ろうと、嬉野市は19日、嬉野町不動山の大茶樹近くで出発式を開いた。茶生産者や地元住民ら40人が、うれしの茶の発祥の地からバチカンへ無事届くよう見送った。 

 不動山地区は、江戸時代にキリシタンが迫害を逃れて移り住んだとされ、関連史跡群が残ることから、市が2013年から贈呈を続けている。

 贈呈品は、同地区で作られた蒸し製玉緑茶と釜いり茶、市内で生産したうれしの紅茶の3種類(各100グラム)と、肥前吉田焼の湯飲み。煎茶を広めた高遊外売茶翁が茶道具の持ち運びに使ったという籠(かご)の「僊窠(せんか)」や「都藍(つづら)」の復元品に入れられ、車で運ばれた。

 村上大祐市長は「この地のお茶がローマ教皇に届いているのが地域の誇り、心の支えになっている」とあいさつした。贈呈品は11月中に教皇の元に届くという。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加