横浜市の旧大口病院で2016年、入院患者3人の点滴に消毒液を入れて中毒死させたとして、殺人罪などに問われた元看護師久保木愛弓被告(34)の横浜地裁での裁判員裁判で、検察側は22日、死刑を求刑した。

このエントリーをはてなブックマークに追加