厚生労働省は22日、中央社会保険医療協議会で、アレルギーのある子どもの主治医が生活の注意点を記した文書を作り、学校などに提供した場合、診療報酬対象とすることを提案した。

このエントリーをはてなブックマークに追加