英国のエリザベス女王(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英王室は21日、静養に入っているエリザベス女王(95)が20日午後に「初期診断」のためロンドンの病院に行き、一夜を過ごしたと明らかにした。21日昼にロンドン郊外の静養先ウィンザー城に戻ったとしている。英主要メディアが報じた。

 女王は20日、行事出席のため英領北アイルランドを訪れる予定だったが「医学的な助言」を受け、数日間静養するため直前に取りやめた。王室は女王の体調について「依然元気だ」としているが、高齢のため健康状態を心配する声が出ている。

 女王は存命中の君主としては世界最高齢。在位期間は英史上最長で、来年で即位70年を迎える。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加