政権交代を呼び掛ける立憲民主党の安住淳国対委員長=三養基郡基山町の町民会館

 立憲民主党の安住淳国対委員長は21日、衆院選佐賀1区の立民前職原口一博候補(62)の応援で三養基郡基山町や鳥栖市を訪れて演説した。岸田政権が安倍晋三元首相ら「3A」と呼ばれる自民党重鎮の影響下にあると批判し、「一緒に政権交代を目指そう」と呼び掛けた。

 安住氏は、岸田文雄首相が選択的夫婦別姓に消極的な理由について「後ろが怖くてやれない。一事が万事で、こんなことでコロナ対策や新しい経済をつくれるのか。総理が決断すればできることだ」と批判した。

 臨時国会で首相が予算委員会の審議に応じなかったとして「国民の前で議論するのが嫌だから解散したのではないか。議論から逃げている人をリーダーとして選べるか」と非難し、「皆さんの力で議席を守ろう」と原口氏への支援を呼び掛けた。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加