天高く伸びるアフリカ原産のオクラ

 10月になっても日中の気温が30度を超える日が続いて、今年は夏野菜が長生きでした。いつもキュウリは9月に台風が来て一発で終わりますが、台風の後また復活していました。

 アフリカ原産のシカクマメは、真夏の暑い時期を過ぎて9月末くらいから収穫が始まりますが、すぐに寒くなるので旬の短い野菜です。今年はモリモリ葉が茂って、大豊作でした。同じくアフリカ原産のオクラも背が高くなりすぎて、上になっている実を収穫するのが大変でした。

 気候変動の影響なのでしょうか。毎年、毎年気候が変わるので、よくできるものもあれば、まったく気候に合わずに収穫できないものもあります。さすがにそろそろ冬を感じ始める頃でしょうか。

 今年は暑さのせいか、いつも大根や白菜に大量に発生する葉虫が少なく、とても穏やかに健やかに育っています。収穫する野菜も徐々に変化していきますね。

 (地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加