佐賀銀行本店の東側出入り口に軽自動車が突っ込み、運転する男が行員を暴行したとして逮捕された事件で、佐賀銀行の坂井秀明頭取は21日の福岡市での定例会見で、「みなさまにご心配とご迷惑をおかけした」と陳謝した。ただ事件の詳細については「捜査中であるので、わたしどもからのコメントは差し控えさせていただく」と話した。

 同行によると、利用客に被害はなく、暴行を受けた行員は軽傷で職務に復帰しているという。東側出入り口はまだ閉鎖している。

 事件は18日昼に発生、50代の男性行員を殴ったとして、暴行容疑で神埼市の男(59)が逮捕。佐賀南署は20日、容疑を傷害に切り替え、建造物侵入、建造物損壊の容疑を加えて送検した。(北島郁男、松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加