沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で見つかった貝製ビーズ。中央部に赤色顔料の付着が確認され、着色された装飾品としては日本最古という(沖縄県立博物館・美術館提供)

 沖縄県立博物館・美術館は21日、同県南城市のサキタリ洞遺跡で見つかった約2万3千年前(後期旧石器時代)の貝製ビーズを調べたところ、赤色顔料の付着を確認したと発表した。着色された装飾品としては日本最古という。これまで、県外の遺跡から約1万~9千年前(縄文時代)の着色装飾品は見つかっていたが、旧石器時代では初めて。

 貝製ビーズはニシキツノガイ製。ストロー状で、高さ12・8ミリ、幅7・9ミリ。表面の一部に付いていた顔料は鉄分を含んでおり、ベンガラ系とみられる。

 2013年に出土していたが、遺跡内で見つかった砂岩に顔料が付着していたことから詳しく調査していた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加