2022年春闘の基本構想について記者会見する連合の芳野友子会長=21日午後、東京都千代田区

 連合の芳野友子会長は21日に記者会見し、2022年春闘で基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)要求を、月給の「2%程度」とする基本構想を発表した。2%程度との方針を掲げるのは7年連続。定期昇給分と合わせ計4%程度の賃上げを目指す。今後、組織内での議論を踏まえ正式決定する。

 今月6日、女性初の会長となった芳野氏。トップとして初めて臨む春闘について「今までの連合と変わったな、と思ってもらえるような要求方針を掲げたい」と述べ、男女間の賃金格差解消にも意欲を示した。「国民生活の維持、向上のため、労働組合がけん引役を果たす」とし、賃上げの必要性を訴えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加