東京都の新型コロナウイルス対策本部会議で発言する小池百合子知事=21日午後、都庁

 東京都は21日午後、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、感染対策の認証を受けた飲食店に求めてきた酒類提供時間や営業時間短縮の要請を今月25日から解除することを正式決定した。リバウンド防止のため、複数で入店した場合に同一テーブルに座る人数の制限は原則4人を維持するが、ワクチン接種済みの記録を提示すれば5人以上も可能とする。11月末までの措置とし、以後の対応は状況を考慮して改めて検討する。

 都内で飲食店に対する営業時間の短縮要請が解除されるのは昨年11月下旬以来、約11カ月ぶり。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加