新型コロナウイルスワクチンの接種履歴を指静脈で認証するシステムのイメージ

 鹿島や九州大などは21日、新型コロナワクチンの接種履歴や検査の陰性証明を指静脈の生体情報で確認するシステムを開発したと発表した。オフィスビルや学校、病院といった施設への入館時に利用することを想定。接種履歴と指静脈を事前に登録しておけば、手ぶらで認証できる。

 9月27日から10月6日にかけ、鹿島が所有する東京都内のオフィスビルで技術検証を行った。スマホアプリや専用端末などを使って接種履歴と指静脈を登録、ビル入館時に指をかざして認証する手順を確認した。

 指静脈の活用で証明書の偽造や他人の成り済ましを防止できる。生体情報を第三者が復元できない技術も取り入れた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加