生活保護の女性受給者が妊娠を理由に退職したことに関し、大阪市鶴見区保健福祉センターの女性ケースワーカーが「自立阻害要因を自ら生み出した行為」とする記録を作成したのは、著しい人権侵害に当たるとして、大…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加