春から秋、まっすぐ伸びた花茎に白い小花を穂状に咲かせるオオバコ。花茎をかけあい、どちらが先に切れるかを競う引っ張り相撲など、子どもの遊びにこの草が登場するのは、道端などに育つからです。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加