利用客が重軽傷を負う事故があった「東条湖おもちゃ王国」の立体迷路施設「カラクリ迷宮のお城」=10日、兵庫県加東市

 兵庫県加東市の遊園地「東条湖おもちゃ王国」で立体迷路施設の床が抜け利用客6人が重軽傷を負った事故で、県警は21日、業務上過失傷害の疑いで遊園地の事務所を家宅捜索した。

 事故は10日に発生し、県警の現場検証などから、現場の床板を支えていた梁の両端が腐食して破損していたことが判明。施設には屋根がなく、雨水が入り込む構造だったことも腐食の一因とみられる。県警は施設の保守管理状況や構造に不備がなかったかどうかを捜査。押収資料の分析や担当者らへの事情聴取を進め、事故原因を詳しく調べる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加