【巡回車】(22日)
 ◆胃がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、基山町保健センター(予約制)▽8時半=有田町福祉保健センター(予約制)、鹿島市保健センター▽9時=佐賀市・フォレスタ富士
 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=神埼市・千代田町保健センター(予約制、子宮がん検診は9時45分検診開始)▽9時=佐賀市・フォレスタ富士(子宮がん検診は10時検診開始)▽17時=神埼市・千代田町保健センター(予約制)
 ◆大腸がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、基山町保健センター(予約制)▽8時半=神埼市・千代田町保健センター(予約制)、有田町福祉保健センター(予約制)、鹿島市保健センター▽9時=佐賀市・フォレスタ富士▽17時=神埼市・千代田町保健センター(予約制)
 ◆献血車 9時半~11時=佐賀市・九州農政局佐賀支局
 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【イベント】
 ◆秋の酒まつり
 (24日10~16時、鹿島市浜町のJR肥前浜駅前広場など)鹿島の地酒飲み比べや、酒蔵通りなどを巡るスタンプラリーがある。問い合わせは事務局、電話0954(69)8004。

【アバンセ情報】
 ◆家庭教育支援者リーダー等養成講座公開講座「家庭教育支援の活動をしている方、そしてこれから活動したいすべての方へ」
 (11月28日13時半~15時半、佐賀市天神のアバンセ第3研修室)10月22日に開講した「家庭教育支援者リーダー等養成講座(支援者養成講座)『親子への寄り添いから始まる家庭教育支援』」では、誰でも受講できる公開講座を開催する。カナダの子育て・家族支援などを学び、日本初のファミリーライフエデュケーターとして活躍する林真未さん(カナダライアソン大学認定ファミリーライフエデュケーター・NPO法人手をつなご理事・教師)から、さまざまな支援の方法を学ぶ。
 講師はオンラインでの登壇。受講無料。対象は県内在住・在勤で、家庭教育支援・子育て支援に関わる活動をしている人や関心のある人。定員は会場受講・オンライン受講とも20人程度(先着順)。受講方法 、またはオンラインでの受講(インターネット接続環境が必要。通信料は各自負担)
 問い合わせは佐賀県立生涯学習センター、電話0952(26)0011。

【感染症】(11~17日)
 報告数の多い疾病は(1)手足口病=259件(2)ヘルパンギーナ=44件(3)感染性胃腸炎=36件(4)RSウイルス感染症=34件(5)突発性発しん=17件
 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

【告知板】
 ◆国際交流、人づくり、地域づくりに関するオンラインイベント
 (30日13時半~18時45分、オンライン会議システムZoom)

 佐賀県青年国際交流機構などが主催する「令和3年度 青少年国際交流を通じて国際社会や地域社会への貢献を考えるつどい」の九州ブロックイベントが開かれる。佐賀市のおへそ保育園を運営する吉村直記さんや映画館シアターシエマ(佐賀市)の重松恵梨子支配人など5人が講演し、SDGsの理念である「誰一人取り残さない」ための地域づくりについて考える。
 参加費1500円で、高校生以下は無料。基調講演のみは1000円。分科会のみは500円。17時45分からは懇親会を開く。全て講聴した人向けの抽選会を実施し、嬉野茶や茶碗最中など佐賀の特産品を景品としてプレゼントする。事前申し込み必須。締め切りは28日。二次元コードから申し込む。

【展覧会】
 ◆ドローイング展「u」
 (23日まで、佐賀市の佐賀大学美術館)佐賀大学芸術地域デザイン学部の近藤恵介講師と学生らによるドローイングと作品。10~17時。同館、電話0952(28)8333。

 「国際交流、人づくり、地域づくりに関するオンラインイベント」参加申し込みページはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加