三養基郡上峰町は、災害や病害虫などによる農家の減収を穴埋めする「収入保険」の助成制度を創設した。保険加入者の掛け金の一部を助成、町内農業者の安定的な経営を後押しするとともに、保険加入を促す。

 助成対象は町内に住所がある農業者か町内に拠点を置く農業法人などで、来年からの新規加入者および継続加入者。助成額は保険料の8割で上限10万円。期間は3年間。

 収入保険制度は2019年1月にスタート。同町内には約300人の農業者がいるが、今年の加入者数は5人程度と、加入が進んでいない。

 町は「新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、疲弊している農家は多い。経営が安定する一助にしたい」としている。問い合わせは町産業課、電話0952(52)7415。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加