楽しみながらプラスチックごみの再利用について考えた環境教育ワークショップ=唐津市の旧唐津銀行

環境教育のワークショップで使用された手作りの射出成形機=唐津市の旧唐津銀行

 プラスチックごみが資源として再利用できることを知り、唐津の海をきれいにしようと、環境教育ワークショップ「Re:CYCLE」(リサイクル)が17日、唐津市の旧唐津銀行で開かれた。家族連れなど300人以上が訪れ、楽しみながらプラスチックごみ問題を認識した。

 企画したNPO法人唐津FARM&FOODによると、「2050年までに海には魚よりも多くのプラスチックが存在している」という。粉砕されたプラスチックを別の形にする機械の体験コーナーもあった。

 子どもたちもグローバルな視点で廃棄プラスチック問題の解決に取り組むことで、循環型社会の実現を目指す。問い合わせは同法人、電話090(8768)4557。

 (地域リポーター・中島直子=唐津市浜玉町)