レーカーズ戦でシュートするウォリアーズのカリー=ロサンゼルス(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAが19日に開幕して2試合が行われ、昨季の王者バックスとウォリアーズが白星発進した。

 バックスはネッツに127―104で大勝。エースのG・アデトクンボが32得点、14リバウンドと活躍した。ウォリアーズはレーカーズを121―114で下した。カリーが21得点、10リバウンド、10アシストと3部門で2桁の“トリプルダブル”を達成した。

 20日(日本時間21日)には八村塁のウィザーズと渡辺雄太のラプターズが対戦するが、八村と渡辺は欠場が決まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加