噴火する熊本県の阿蘇山=20日午前11時43分(気象庁のライブカメラから)

 気象庁は20日、熊本県の阿蘇山の中岳(1506メートル)の第1火口で午前11時43分に噴火が発生したと発表した。噴火に伴う火砕流が火口から約1・3キロに達し、噴煙は火口縁上約3500メートルまで上がった。火山活動が高まっているとして、気象庁は火口から約2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒を呼び掛けている。阿蘇市などによると、火口周辺で登山していた4人の下山が確認された。他に登山者がいないか調べている。

 気象庁は同日、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、気象庁機動調査班を現地に派遣。政府は首相官邸に情報連絡室を設置した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加