佐賀県選挙管理委員会の大川正二郎委員長は衆院選が公示された19日、談話を発表した。要旨は次の通り。

 今回の総選挙は、わが国がコロナ禍をはじめ国内外にわたるさまざまな課題に直面する中、今後のわが国の将来を決める極めて重要な選挙になる。政策や主義・主張を十分に見極め、主権者の一人として自覚ある一票を進んで投じるよう希望する。投票日当日に投票できない人は、期日前投票を利用し、貴重な一票が無駄になることがないようお願いする。

このエントリーをはてなブックマークに追加