発売当初の製法を再現し、しっとりとした口当たりが楽しめる50周年プレミアムさが錦

 村岡屋(佐賀市)は、看板商品「さが錦」の発売50年を記念し、「50周年プレミアムさが錦」を20日から11月20日まで期間・数量限定で販売する。発売当初の蒸す製法を再現し、しっとりとした口当たりが特徴。嬉野産抹茶など素材にこだわった2種類があり、上質な味わいが楽しめる。

 さが錦は、伝統織物の佐賀錦をイメージして1971年に誕生した。小豆が入った生地をバウムクーヘンで挟み、和洋がマッチした味が人気。2008年から3年連続でモンドセレクション最高金賞を受けた。

 通常は生地を焼き上げるが、プレミアムさが錦は蒸して製造することで、きめが細かく、しっとりした食感。小豆は粒が大きい北海道産大納言を使用。抹茶風味は嬉野産の抹茶を使い、香りがより高い。

 村岡輝繁社長は「親しんでもらった感謝を還元しようと従業員で企画した。50年間、材料の質の向上とともに味は高まっており、今後もよりおいしく進化させていきたい」と話す。

 蒸して手作りするため、店舗ごとに数量限定で販売。2種類とも1本(7切入り)1080円。

 このほか、50周年キャンペーンも20日から11月20日まで展開。伝統織物の佐賀錦を使った小物などが100人に当たる企画のほか、通常のさが錦(5個入り)を200円引きの500円で販売する。問い合わせは同社、フリーダイヤル(0120)513500。(北島郁男)

このエントリーをはてなブックマークに追加