演芸で踊りを披露する参加者=佐賀市文化会館

演芸で歌を披露するメンバーたち=佐賀市文化会館

 第16回佐賀市老人クラブ大会が14日、市文化会館で開かれた。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となり、演芸などを通して参加した950人が仲間との絆を確かめ合った。

 式典で木下治紀会長(84)は「元気な高齢者を増やし、広く社会に貢献する時だ」と呼び掛けた。歌やダンス、寸劇など28演目が披露され、盛大な拍手が送られていた。優良クラブや育成功労者、永年勤続者の表彰もあった。

 本庄校区の村岡喜美子さん(80)は「今年から老人クラブに入った。集まる機会は最近なかったので楽しかった」と笑顔を見せた。主催の市老人クラブ連合会には256クラブ、9729人が所属している。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加