【パリ共同】19日付のフランス紙フィガロは、マクロン大統領が国内で、新型の欧州加圧水型原子炉を6基増設する計画を年内に発表する考えだと報じた。発表すれば、増設の判断は先送りするとしてきた政権の方針転換となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加