山口祥義知事(左)から表彰状を受け取る出席者=佐賀市の佐賀県庁

 佐賀県交通対策協議会(会長・山口祥義知事)は、地域の交通安全活動に尽力している交通指導員12人と、伊万里市、玄海町、太良町の各交通対策協議会を表彰した。

 12人は10年以上、街頭に立って登下校時の子どもたちの安全を見守ってきた。県庁でこのほど開かれた表彰式で、山口知事や松下徹県警本部長らが「朝、夕方の皆さんの活動で救われた命があると思う。頭が下がる思い」などと日頃の活動に感謝した。

 代表で指導員歴20年以上の吉野ヶ里町の筒井佐千生さん(68)が「表彰を励みに、次代を担う子どもたちが事故に遭わないよう活動していきたい」と抱負を述べた。(松岡蒼大)

 その他の被表彰者は次の通り。(敬称略)

 納冨昭夫(佐賀市)黒田利人(同)柴田信生(多久市)久保田勝一(伊万里市)森田圀義(鹿島市)國信孝義(小城市)鶴岡健治(基山町)鶴田一洋(上峰町)鐘ヶ江義基(白石町)弥永正剛(太良町)

このエントリーをはてなブックマークに追加