郵便局に設置されたフードボックス。食品の寄付を受け付けている(提供)

協定締結式に出席した地球市民の会や郵便局の関係者=佐賀市高木瀬西の佐賀北郵便局

 日本郵便九州支社(熊本市)と認定NPO法人地球市民の会(佐賀市)は、子どもの貧困対策で普及している「フードドライブ」に関する協定を結んだ。佐賀市北部の14郵便局の窓口に設置した家庭で余った食品の寄付を受け付ける「フードボックス」の取り組みで連携する。

 フードドライブは、食品ロス対策の一環で企業や法人などが呼び掛けて集めた食品を寄付する取り組み。協定を受け、各郵便局のフードボックスに寄せられた食品を同会が回収し、「子ども食堂」へ届ける。

 佐賀市の佐賀北郵便局で14日に協定締結式が開かれた。同会の小原嘉文会長は「地域最大のネットワークである郵便局が大きな力になる。連携をきっかけにフードドライブが広がるのを期待している」と述べた。同郵便局の倉増義彦局長は「社会問題を解決する一助になれば。地域の皆さまの協力があってこその活動であることを呼び掛けたい」と話した。

 フードボックスは既に設置されていて、常温保存できて賞味期限が1カ月以上前の食品を受け付ける。米や小麦粉、乾麺、レトルト食品、飲料などが対象となっている。(辻恵美)

このエントリーをはてなブックマークに追加