岸防衛相は北朝鮮が発射した弾道ミサイル2発について、1発が最高高度約50キロで約600キロ飛翔したと明らかにした。排他的経済水域(EEZ)外に落下したと推定されるという。残り1発は分析中とした。防衛省で記者団の質問に答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加