衆院選の立候補者数は小選挙区、比例代表合わせて1051人で、現行の小選挙区比例代表並立制導入後、最少となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加