立憲民主党の枝野幸男代表は19日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した後も、選挙遊説を続けた岸田文雄首相の危機管理対応を批判した。首相と松野博一官房長官のいずれもが東京都内に不在だったことも問題視した。

このエントリーをはてなブックマークに追加