厚生労働省は、新型コロナウイルスの影響で休校となった子どもの世話を行う労働者のため、特別な有給休暇を取得させた事業主に助成金を出す制度を再開した。

 小学校や幼稚園、保育所などに子どもが通う保護者が、新型コロナで労働基準法上の年次有給休暇以外に有給を取得した際、事業主に、支払った賃金を助成する。日額上限1万3500円。申請書は、佐賀県内に本社がある企業は佐賀労働局雇用環境・均等室に郵送するか持参する。

 また、個人で業務委託を受けて働いている保護者が同様の状況で仕事ができなかった場合、1日あたり6750円を支援する制度も再開した。申請書は学校等休業助成金・支援金受付センター(東京都)へ郵送する。

 ともに申請期限は、8月1日~10月31日の休暇分は12月27日必着。11月1日~12月31日の休暇分は来年2月28日必着となる。申請書の記載方法などの問い合わせは助成金・支援金コールセンター、フリーダイヤル(0120)603999。

 佐賀労働局は、助成金に関する労働者の特別相談窓口も開設している。電話0952(32)7218。来年1月31日まで。(北島郁男)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加