新人6人による混戦となった佐賀市長選は、自民党の推薦を受ける元国土交通省官僚の坂井英隆氏(41)が、前市地域振興部長の古賀臣介氏(58)=諸富町=ら5人を8千票以上の大差で破り、初当選した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加