佐賀市長選で元国土交通省官僚の坂井英隆氏が当選したことを受け、山口祥義知事は18日、「しっかりと連携しながら素晴らしい県都づくりを共に行っていきたい」と記者団に述べた。

 過去最多の6人が出馬した市長選を「市の将来を考えるいい選挙戦だった」と振り返った。坂井氏とは以前から親交があるとして「いろんな思いを持ちながら真っすぐに成長されている。今の気持ちを忘れず、真っすぐに市民のために頑張ってほしい」とエールを送った。

 県と市の連携に関しては「これから特に、佐賀城からサンライズパークまでの中心市街地は一緒に取り組まないとうまくいかない。そこをまずしっかりとやりたい」と強調した。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加