日本記者クラブ主催の討論会に出席した与野党の9党首。壇上左から社民党の福島党首、国民民主党の玉木代表、共産党の志位委員長、立憲民主党の枝野代表、自民党総裁の岸田首相、公明党の山口代表、日本維新の会の松井代表、れいわ新選組の山本代表、NHK党の立花代表=18日午後、東京・内幸町

 与野党9党首は18日、第49回衆院選公示を前に、日本記者クラブ主催の討論会に臨んだ。新型コロナウイルス対策や経済と分配政策、政権運営などを巡って応酬を繰り広げた。岸田文雄首相(自民党総裁)はコロナ禍を受け「需要喚起の方に力を入れるべきだ」と消費税減税や法人税の増税を否定。立憲民主党の枝野幸男代表は、大企業や富裕層を念頭に「応分の負担をお願いしつつ所得を再分配する」と格差是正を訴えた。

 討論会では、コロナ禍で傷ついた経済の再生や分配の財源、安倍・菅両政権、野党の政権構想への発言が相次いだ。

 首相は、新型コロナを巡り病床確保と大型の経済対策の実施を表明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加