最高裁判所=東京都千代田区

 最高裁は18日、重要な司法判断を掲載する公式資料「判例集」のうち、大法廷判決12件に判決文の原本と異なる誤りが119カ所見つかったと正式に発表した。「大変申し訳ない。重く受け止めている」と謝罪し、判例集を修正するかどうか、今後の調査を踏まえて検討するとしている。

 これとは別に、最高裁のウェブサイトに掲載している大法廷判決にも、248カ所の間違いが見つかったと明らかにした。近く修正する。

 最高裁によると、12件は1948~97年に言い渡され、古いものほど誤記が目立った。原因は特定できないとしている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加