汗を流しながら稲を根元から刈り取る子どもたち=佐賀市西与賀町元相応

 佐賀市の西与賀小の5年生が15日、校区内の田んぼで稲刈りを体験した。黄金色に実った「さがびより」の稲を手作業で1束ずつ刈り取り、地域の農業の魅力を体感した。

 同校では毎年、農家などが協力して5年生が農業実習をしている。5月に苗床を作り、6月には5アールの田んぼで田植えをした。この日は子どもたちがJAさが南部支所の職員から稲刈りの説明を受けた後、実践した。自ら手掛けた作物を収穫する喜びをかみしめ、一心に鎌を引いていた。

 杠太我君は「鎌を使うのは難しいと思っていたけど、上手にできた。作業が楽しかったので、将来は農業をやってみたい。お米がおいしくできたか食べるのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 収穫した米は西与賀ライスセンターが白米にして学校に届け、家庭科の実習で試食する予定となっている。(辻恵美)

このエントリーをはてなブックマークに追加