「トラックの日」絵画コンクールの最優秀賞と佐賀新聞社賞の受賞者ら=佐賀市の佐賀新聞社

トラックにラッピングされた最優秀作品

 「第26回『トラックの日』絵画コンクール」(佐賀県トラック協会主催)の表彰式が17日、佐賀市天神の佐賀新聞社で開かれた。最優秀賞と佐賀新聞社賞に輝いた小学生8人に、県トラック協会の馬渡雅敏会長らから表彰状が贈られた。

 今年は県内の136小学校から6529点の応募があり、各学年の最優秀賞6点と佐賀新聞社賞の2点が選ばれた。最優秀賞の作品はトラックにラッピングして県内外を走る。

 表彰式では、馬渡会長が「応募が昨年よりも500点ほど多く、大変喜ばしい。今回を機にトラック業界に興味を持って、将来一緒に働いてくれたら幸せに思う」とあいさつした。いつでも花火ができるトラックを描いた作品で最優秀賞に選ばれた嬉野市の五町田小4年の田中丸穂香さんは、「今日をとても楽しみにしていた。受賞できてうれしい」と笑顔を見せた。

 ラッピングトラックの出発式も行われ、受賞した小学生や保護者らが拍手で見送った。入賞作品158点は24日まで佐賀新聞ギャラリーで展示している。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加