静岡県熱海市の大規模土石流で、起点での不適切な盛り土を問題視した市が2010年に「土砂崩壊が発生すると住民の生命と財産に危険を及ぼす可能性がある」とする文書をまとめていたことが分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加