静岡県熱海市の大規模土石流で、起点となった土地での不適切な盛り土を問題視した市が、県の条例に基づき措置命令を出すことを一度は検討したものの、最終的に発令を見送っていたことが18日、県関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加