支持者に感謝の言葉を述べた田中豊治さん=17日午後9時10分ごろ、佐賀市本庄町の事務所

 自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画に反対する考えを前面に出した西九州大教授の田中豊治さん(73)は17日夜、落選の知らせに「全ては私の力不足で、人徳のなさ」と力なく頭を下げた。

 「NOオスプレイ」と「福祉ファースト」を旗印に選挙戦を戦った。佐賀空港の民間空港としての可能性に言及し「九州、アジアのハブ空港」を目指す構想を打ち出した。しかし、他候補が配備計画への態度を明確にせず、争点化には至らなかった。

 午後9時10分頃、田中さんは約20人の支持者が待つ事務所に到着し、拍手で迎えられた。「私を終始支援してくださった皆さんに御礼とおわびを申し上げます」とあいさつすると、支持者がねぎらいの言葉をかけた。(古賀史生)

このエントリーをはてなブックマークに追加