「変化」や「新たな市政への挑戦」を訴えた新人の坂井英隆氏が、秀島敏行市長の市政継承を主張したライバル候補を破った。4期16年の長期政権にマンネリ感を抱いていた有権者の受け皿になったといえる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加