歌舞伎の世界では「演じる」ではなく、「役を勤める」と表現するそうだ。松本白はく鸚おうさんが九代目幸四郎を名乗っていた時代に書いたエッセーで、その意味について考えている◆白鸚さんは半世紀にわたって、ミュージカル「ラ・マンチャの男」の主役を演じた。その過程で〈形だけではなく、心をこめて表現することをひたすら続ける。そうすることが「役を勤める」ことだと思えてきた〉と述べている◆続けているうちに、役と役者の間に切り離せない不可分な関係が成立する。それが役を勤める意味だと気づいたという。そうした観点で捉えると、歌舞伎の世界に限らず、どんな職業も、特に「公」のために働く人には役を勤める意識が大切なように思える◆4期16年を務めた現職の勇退で新人6人が立候補した佐賀市長選は、元国交省官僚の坂井英隆氏が当選した。41歳、若い県都のリーダーが誕生する。多彩な顔ぶれの中から、市民は変革を求め、坂井氏の国での行政経験や将来性などに期待をかけたのだろう◆佐賀市は新型コロナ対策をはじめ、中心市街地の活性化やオスプレイ配備計画への対応など、多くの課題に直面している。役を勤める気概で、清新な風を吹き込んでほしい。公約には「佐賀市の未来、お任せください」とあった。任された未来を輝かせるため、ひたすらに。(知)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加