コラボラッピングバス 新路線で運行中

佐賀市内を運行中のコラボラッピングバス

 佐賀市営バスのコラボラッピングバス「フランシュシュ号」は10月1日から、新たな運行路線を走っている。作品に登場する舞台「聖地」の中でも、アニメ第2期「ゾンビランドサガ リベンジ」の聖地を巡るルートとなったほか、一部で主人公・源さくらの声による案内放送が流れ、「聖地巡礼」のファンを楽しませている。

 路線の変更で合計10路線から11路線となり、平日17便、土日・祝日18便を運行している。聖地最寄りのバス停で流れる案内放送は4種類から10種類に増えた。

 「フランシュシュ号」は昨年8月に運行を開始。佐賀駅バスセンターや同駅観光案内所では、特製クリアファイル付きの運行記念切符(税込み1000円)を販売しているほか、バス型「特性スマホ・ペンスタンド」と合わせた3点セットはふるさと納税返礼品にもラインナップされている。
 

唐津市のふるさと納税返礼品に登場

©ゾンビランドサガ製作委員会 ©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

 唐津市のふるさと納税の返礼品に「ゾンビランドサガ」のブルーレイとCDが登場した。作品の舞台となった唐津市歴史民俗資料館の前で「フランシュシュ」メンバーらが並ぶ描き下ろしイラストをあしらった限定特典付き。

 同市が返礼品を掲載している各ふるさと納税サイトから申し込める。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加