©ゾンビランドサガ製作委員会 ©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

 佐賀県を舞台にしたテレビアニメ「ゾンビランドサガ」のライブイベント「ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュ 佐賀よ共にわいてくれ~」が16、17日、幕張メッセ国際展示場7・8ホール(千葉県)で開かれた。佐賀を救うべく活動するアイドル「フランシュシュ」のメンバーを演じた声優6人をメインに、19曲もの充実したセットリストや数々の演出でファンを魅了。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場でも声援は送れなかったものの、ライブ配信で参加したファンも一体となって盛り上がった。2日目の終幕には映画化決定の特大発表もあり、「ゾンビランドサガ」の物語はさらに大きな翼を得て未来へとつながった。(志垣直哉)

©ゾンビランドサガ製作委員会 ©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

 アニメ2期「ゾンビランドサガ リベンジ」の内容を再現するシーンや演出が随所に取り入れられた。8月に佐賀を襲った大雨による被災者支援の募金が、作中にも登場したライブ告知ポスターを通じて呼び掛けられ、佐賀のファンの感動を誘った。最終回で流れたライブのオープニング映像を使った導入も興奮をかき立てた。

 ステージに登場したのは本渡楓さん(源さくら)、田野アサミさん(二階堂サキ)、種田梨沙さん(水野愛)、河瀬茉希さん(紺野純子)、衣川里佳さん(ゆうぎり)、田中美海さん(星川リリィ)=かっこ内は役名。2期を象徴する曲「REVENGE」で開幕し、オープニングテーマ「大河よ共に泣いてくれ」と合わせ、パワフルな2曲でファンの期待感をあおった。

 多彩なソロ曲やフィーチャー曲が続き、愛がソロで披露した「目覚めRETUENER」は、手の動きに合わせて映像にVFX(視覚効果)が施されファンを驚かせた。純子がしっとりと歌い上げる「50と4つの忘れ物」は、作曲者の山下洋介さんがギターで花を添えた。

 ファンは公式ペンライトで応援。曲に合わせてメンバーのテーマ色を選んだり、搭載された「よかー!」などの音声機能を使いエールを送った。配信参加組もコメントで感動や拍手を表現して雰囲気を分かち合った。

 合間には、古参ファンのキャラ「デスおじ」2人を演じるかぬか光明さん・佐藤せつじさんや、第5話に登場した大空ライトの歌唱役・阿部カノンさんも舞台に上がった。作中のトップアイドル「アイアンフリル」の詩織役・徳井青空(そら)さんも映像でメッセージを寄せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加