原田啓介日田市長(左)から目録を受け取る佐賀市の伊東博巳副市長=佐賀市役所

 佐賀県内の8月の大雨被害を受け、大分県日田市は佐賀市に災害見舞金10万円を贈った。

 佐賀市役所で13日に開かれた受納式で、出席した原田啓介日田市長が「2012年と17年の(九州北部豪雨の)時に見舞金をいただいたお返し」と経緯を説明した。目録を受け取った佐賀市の伊東博巳副市長は「記憶にない大雨だった。降り方が変わり、(温室効果ガスの)二酸化炭素の問題は避けて通れないと感じている」と述べた。

 日田市は武雄市、小城市、大町町にも見舞金を贈った。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加