岸田文雄首相は17日、東日本大震災で炉心溶融や水素爆発が起きた福島県の東京電力福島第1原発を訪れ、廃炉作業や処理水を巡る現状を視察した。その後、記者団に「多くの課題が残っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加