山際大志郎経済再生担当相は17日のフジテレビ番組で、人工知能(AI)やバイオ、ロボットといった先端技術を育成するため、1千億円規模の基金を創設することを明らかにした。経済安全保障の観点で企業の研究開発や実用化を支援し、ビジネスにつなげる。

 山際氏は「科学技術を基盤、核にして産業構造を変えなくては、日本経済は成長しない」とした。年内にまとめる経済対策に盛り込むとみられる。

 新型コロナウイルス対策では、政府が緊急事態宣言の解除後、1カ月をめどに自治体に飲食店の時短営業を要請していることには、新規感染者数の抑制が続けば「11月には何の制限もなくなる」とした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加