セラン戦の後半、この試合自身2点目のゴールを決め喜ぶサンジロワーズの三笘=ブリュッセル(共同)

 サッカーのベルギー1部リーグで16日、サンジロワーズの三笘薫がホームのセラン戦で0―2の後半開始から出場して3ゴールを決める大活躍を見せ、4―2の逆転勝利の立役者となった。同10分にリーグ戦での初得点を決めると、2―2の同31分に勝ち越しゴール、終了間際にはドリブルからダメ押し点を挙げた。

 アントワープの三好康児は敵地のワーレゲム戦で1―2の後半24分からプレーし、チームはそのまま敗れた。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加